キャンプ大好き!mana-hack

キャンプ、アウトドア大好きです

360度カメラ調べてから 買いました

RICOH THETA S 360度 全天球カメラ 910720

  

 

【おすすめ360度カメラ3選】

 

RICOH THETA

RICOH THETAにはRICOH THETA VRICOH THETA SCの2種類があります。

 

機能の違いがもちろんがあり、価格の違いになってます。

大きく機能が違うのが、4K対応とHD対応の違い

 

内蔵メモリーの違いにあります。

 

RICOH THETA SC 内蔵メモリー8GB : 静止画1600

RICOH THETA V  内蔵メモリー19GB : 静止画4800

 

RICOH THETA SC :HD対応

RICOH THETA V      :4K対応

 

 

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

 

 

感想

 19GBでなくても1600枚も撮影ができれば十分ではないでしょうか

 4Kってiphoneでのカメラが対応になってますが、4Kで撮影してる方って少ないように思います。

 

 

Insta360 Nano

 

Insta360 Nanoには2種類あります。特徴の1つはiphone専用だということ

iphonenに取り付けれるので、360°ライブ配信ができますので、机を囲んでミーティングなどに使えます。

 

今はyoutubeも対面一人の映像ですが、これからは複数の人数での配信も可能です。

 

余談:キングコングの西野さんがこれからはスマホの枠の配信になるので、ひな壇芸人はいなくなると言ってましたが、もしかすると

これからは、VR芸人が出るかもしれないです。 その場合は、見る側のカメラワークになるので、トーク力必須になるでしょう

 

Insta360 NanoS 価格31299

Insta360 Nano   価格23999

 

 

こちらも4KHDでの違いと静止画の出力解像度で価格の違いがあるようです。

 

 

Insta360 NanoS 4K  動画出力解像度 3840 x 1920

Insta360 Nano   HD 動画出力解像度 3040 x 1520

 

 

Insta360 NanoS   画像出力解像度 6272 x 3136

Insta360 Nano     画像出力解像度 3040 x 1520

 

Insta360 Nano S

Insta360 Nano S

 

 

 

感想

画像の保存はiphoneになりますので、お使いのiphoneの容量で決めてはどうでしょうか

Kで撮ると容量の減りが多いんですよね。

使っている間のiphoneiosのバージョンとの相性はどうなんでしょうか

 

Samsung Galaxy Gear 360

 

Samsung Galaxy Gear 360は名前の通りサムスンの360度カメラです。デザインは他のカメラと違ってすごく近未来的でカッコいいです。 サムスンから出てますが、アプリを使うことでiphoneでも使えるようです。

 

内蔵メモリーではないところが他と違う特徴ではないでしょうか?

 

Samsung Galaxy Gear 360 価格 29333

 

メモリ最大256GBまで拡張可能

 

静止画出力解像度:5472 x 2736 まで

動画出力解像度 :4096 x 2048まで

 

動画撮影:2560 x 1280の撮影で130分までバッテリー使用可能

 

 

感想

デザインはかっこいいけど、持ち運びには少し大きい

三脚はなくても立つのでその場においてライブ配信も可能

 

 

3種類のカメラの価格・スペックを比較して

 

まず初めてみよう360度カメラとなるとRICOH THETA SCになると思います

ダイビングで使おうと思うと、お手軽な防水ケースが可能なRICOH THETAかしっかり防水ケースのSamsung Galaxy Gear 360

 

 

私が購入したカメラは・・・・・・RICOH THETA SCのブルーです

 

 

 

シリコンカバーもあるのですが、レンズの周りのシリコンが写り込むようで、カバーなしで使用してます。

専用のケースはついてますので、それほど傷はつかないと思います。 落とさない限り・・・

 

 


RICOH THETA V - 4K & 360° Spatial Audio Sample (Underwater)

 

360度カメラの使い方3選】

 

〈星空を撮影〉

 

360度カメラの楽しみ方の1つ、大自然の撮影です。

その中でもキャンプや花火大会の夜空を撮ると臨場感のあるプロのような写真が撮れます。

 

RICOH THETAにはシャッタースピードを調節して、満天の星空を撮ることができます。 普通シャッタースピードの調整なんて、コンパクトカメラなんかにはついているものは少ないですが、おそらく開発の段階で、星空を撮って欲しいと開発者の願いが、込められているように感じます。

 

 

 

〈お店のマーケティング〉

 

googleのストリートビューでお店の中まで入れる所があります。 平面なお店ではなく立体に見せれるこれってすごくないですか?

 

今後、このVRデータにイメージマップがつけれたらすごくないですか?

 

ECサイトなんかトップページにサムネイル画像が並んでいるのではなくて、実店舗のお店の画像が1枚ある状態

 

欲しい商品をクリックするとその商品がカートに入るなんてサイトが登場するかもしれません。

 

この技術が本当に進んでしまったら、VRゴーグルをつけて、パソコンで操作して街中を歩けてしまうかもしれません。

 

リアルが難しかったら、バーチャルのショッピングモール(イオンモールみたいな)のをネット内に作って買い物をしたりと、、夢が膨らみますね。

 

話はかなり飛んでしまいましたが、お店のマーケティングには良いと思います。 撮った写真をfecebookページに載せるだけでも効果はあるかと思います。

 

 

 

〈結婚式〉

 

私が一番お勧めしたいのが、結婚式での使用です。

 

結婚式のテーブルって丸いですよね。各テーブルの真ん中にカメラフィルダーを設置して、各テーブルを撮影。

 

RICOH THETAはスマホで遠隔撮影が可能なので、お金に予算があるのでしたら、各テーブルに設置をして、担当者がスマホで撮影。 たった1枚の撮影で座ってる人の写真を全て撮ることができるのがすごい!

 

動画も撮れるし、これってウィディング業界ですでにしてるんですか? 良いと思うんですが、、、

 

 

【私のオススメはこれ】

 

〈オススメの機種〉

 

私のオススメはRICOH THETA SCですって、、もう買っちゃいましたから、価格、スペック、使い方を全て考えて、この機種に決定をしました。 思っているより薄く、ケースに入れてカバンに入れても何の違和感もなく持ち運べます。

 

 

〈オススメの使い方〉


RICOH THETA V - 4K & 360° Spatial Audio Sample (Underwater)

 

 

私はアウトドアが好きなのでアウトドア満載で使用したいです。 まずはキャンプで星空撮影に挑戦です。

 

次に海で撮影をして、ビーチや空の大きさを撮影したい。

 

あとは自分のお店の撮影に使います。