キャンプ大好き!子育てblog

キャンプ、アウトドアのブログ

湯の原温泉キャンプ場 雨の中行って来ました。

 

雨の中、湯の原温泉キャンプ場に行って来ました。

雨なのはわかっていてのキャンプ決行です。到着すると半数はキャンセルでしたが、半数はキャンプ好きの方々は問題なく決行してました。

 

実際、雨は降ってるんですが、風もなく危険な雨ではないので、ここでキャンセルすると似非キャンパーを名乗らないといけないので、問題なく決行です。

 

1日目

チェックインの15:00に到着した時には結構な雨量で降っていたので、小雨になるのを待って、急いで設置。

今回はじいちゃん、ばーちゃんも来てるのでランドロックとアメニティMの設置。

こんな時にyahoo天気のアプリで雲の動きを見ながら設置が出来るので本当に便利になりました。

 

スノーピーク(snow peak) テント /R ランドロック TP-671 [6人用]

スノーピーク(snow peak) テント /R ランドロック TP-671 [6人用]

 

 

 

湯の原温泉キャンプ場は温泉があるのですが、最終が20:00なので、夕食の時間を上手に調整をしなければ19:00にはお風呂に向かわないといけないので難しいです。

 

本当は夕食後にさっぱりとしたかったのですが、先に温泉に行くことにしました。

 

食事は至って普通のBBQとおでんです。

 

コストコに売ってるさくら鳥の焼き鳥、おいしいです~。

にんにくは少し高いけど日本産が大きくでおいしいです。行きしに直売所に寄りたかったのですが、用事で出発が遅くなったので、スーパーで買い出しをして直行です。

 

食べ終わりの頃に雨が激しくなってきたので、焚火は中止で、テント内に避難です。

雨の時は雨の時らしく、テントのなかでトランプやUNOをして盛り上がりました。

 

夜中に少し突風が吹いたのですが、今までの経験上問題ないので就寝です。

 

 

2日目

 

2日目はどうやら本降りになるようなので、ホットサンドとスープを飲んで、小降りのうちに出発です。

 

 

植村直己冒険館に来ました!

装備を見て、率直な感想として、昔から装備はある程度のレベルに達していたんだと思いました。

確かに軽量になったりはしているんでしょうが、デザインが大幅に変わったなどもなく、ほぼ今でも使えるのではと思いました。

 

大人になっても夢を持ち続けていないと、こんな偉大な冒険家になんてなれないんでしょうね。

冒険でなくてもいいので、子供には大きくなっても今持っている夢を持ち続けて欲しいです。

 

青春を山に賭けて (文春文庫)

青春を山に賭けて (文春文庫)

 
北極圏1万2000キロ (ヤマケイ文庫)

北極圏1万2000キロ (ヤマケイ文庫)

 
マッキンリーに死す―植村直己の栄光と修羅 (講談社文庫)

マッキンリーに死す―植村直己の栄光と修羅 (講談社文庫)

 

 

施設の中にあるボルタリング、本気モード突入です。

施設を見学して植村直己さんの魂が乗り移ったのか?!

 

ボルダリングからはじめよう! Enjoyフリークライミング

ボルダリングからはじめよう! Enjoyフリークライミング

 
実践テクを極める!ボルダリングレベルアップのコツ コツがわかる本

実践テクを極める!ボルダリングレベルアップのコツ コツがわかる本

 
ボルダリングを始めよう!: ビギナーでも親子でも楽しめる (Town Mook)

ボルダリングを始めよう!: ビギナーでも親子でも楽しめる (Town Mook)

 

 

クレバスをイメージされたデザインのようです。

 

2日目夜

植村直己冒険館に行って帰るころには結構な雨量で降っていたので、近所のスーパーで買い出しをして、テントに帰りました。

 

その時まだ16:00だったので、少しテントでお昼寝・・

17:00から今日はお鍋をしました。

行きしに有馬温泉で買った、日本酒のスパークリング。

私は飲まないのですが、おいしいようです

 

この日の夜はyahoo天気を見ても、ずーーーと雨が降り続くみたいで、トイレに行くのがめんどくさいんです。

 

夜中もかなりの雨が降ったみたいですが、風もなかったので、なんだかよく寝れました。

 

 

3日目撤収日

 

雨のキャンプって嫌なんですが、逆に初心者の方にはお勧めかも?

キャンプ力って結局は対応力だと思います。キャンプ道具はお金があればいいものを買えますし、道具でキャンプ力を計るのはどうかしてます。

 

キャンプ場は結構、見栄の張り合い的な所もあります。特にママさんが率先してキャンプの好きなファミリーはよくテントや道具をチラチラ見てきます。

 

パパさんがキャンプ好きでママと子供が付き合っているファミリーは、本当に勉強になります。 タープの張り方や、設置の位置決めなど、よく勉強されてる方が多くて、使い方がおしゃれです。

でも中には接待キャンプでママと子供は一切動かないって寂しいファミリーもいますが、、

 

色々なキャンパーがいて、キャンプ場は楽しいです。

 

今回雨の中、2泊しているキャンパー家族の方は、ママもパパもキャンプ好きの本気の人達ばかりでした。

 

雨の切れ目を見て、段取りよく食事、片付けをしなければいけないので、初心者の方のキャンプ力はものすごく上がります!

 

また、濡れたキャンプ道具は必ずメンテをしなければいけなくなる状況になるので、

強制的にメンテの事も考えないといけないので、より勉強になります。

 

雨はキャンプ道具が濡れて嫌な思いもしますが、キャンパーとしてのレベルを上げるには最高の天気だと思います。

 

そんな感じでランドロックの乾燥は後日考えて、30分ほどで撤収を終わらせて、チェックアウトです。

 

湯の原温泉キャンプ場に来られて方が良く立ち寄るお蕎麦屋さんで盛蕎麦を頂きした。

中々の弾力でおいしかったです。

天ぷらも揚げたてなので出てくるまでに30分以上かかります。と言うことは満席の場合、めちゃくちゃ待ちます。

 

店内に湯でたて、揚げたての為遅くなると書いてますが、田舎なので店員さんものんびりしているのも原因のようです・・・そこはご愛敬で

 

キャンプ場の私の評価ですが星3つかな

★★★☆☆

雨だったからではないです。他に私の行ったキャンプ場と比べて3つって感じです。

温泉も徒歩で行けていいのですが、コインシャワーがあればもっと良かったです。

温泉までもっていう人も多いと思います。

 

あと幽霊が出るって噂ですが、そんなことは一切ありませんでしたよ~。