キャンプ大好き!子育てblog

キャンプ、アウトドアのブログ

ケルティ タープでバーベキューも海もキャンプも使いこなす

f:id:taka6seven:20150828152437j:plain

 

KELTY 

 

KELTYの歴史は、そのままバックパックの変遷と言える。

大型であれ小型であれ現在のバックパックの機構には、ウエストベルトが装備され、背部をテンションさせるなど幾つかの共通点がある。この基本概念は、50年以上前、ディック・ケルティの「発明」による。

KELTYブランドは1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、500ドルの借金と共にスタートした。

 

 

KELTYは最近リュックで有名ですが、私はキャンプ用品をググるのでタープで知りました

 

 

 

私の購入したKELTY タープ

 

f:id:taka6seven:20150828145355j:plain

 

 

 

貼り感や素材感を言うならば小川やスノーピークがいいのですが、私は形とデザインが

好きでKELTYを買いました

 

 

キャンプ用品を買うのに機能や性能の良さは大事ではありますが、私はデザインが好きと言うのが一番大事だと思います。

 

 

今使っているテントはスノーピークのランドロックです。

確かにいい! 貼り感、居住感は最高です

 

ですが重い。。。私の悪夢は立てる時よりも畳む時です

 

チェックアウトの日、朝から雨が降っていて、畳むのがそれはそれは大変でした。

結局、ゴミ袋に入れて持ち帰って別日に乾かしに行きました

 

大きければ、メンテナンス、雨の日、組立、大変です

夏の暑い日は作業のスピードも落ちるので子供と遊ぶ時間も少なくなります。

 

 

 

https://instagram.com/p/10Ol_Tu5Oh/

#自作#焚き火#焚き火台#自作焚き火台#ハンドメイド#キャンプ#キャンプ道具#camp#アウトドア

 

 

そこで私は考えたのは、1泊もキャンプの時はもっと軽装で気軽にキャンプがしたい!

そしてもっと子供と遊びたい

 

元々、コールマンのテントを持っているので、それにケルティのタープを小川貼りで

リビング部分を作って軽装キャンプをする

 

 

まだ、そのキャンプは実現してないのですが、今週のキャンプで挑戦しようと思います!